ダイハツ工業インタビューその6|ローカルスタッフとの関わりで大切な点とは?

海外赴任に際しては、不安よりも楽しみな気持ちが勝っている。一生懸命楽しみながら仕事に取り組み、現地の期待に応えたい。

第33回第一線監督者の集い:名古屋 最優秀事例賞受賞者のダイハツ工業株式会社 川村茂豊さん(本社(池田)京都工場 第2製造部 プレスボデー課 副主任)に日本能率協会事務局(JMA)がお話を伺いました。(以下敬称略、お役職はインタビュー当時)

ローカルスタッフとの関わりで大切な点とは?

川村茂豊さん
JMA
今回の受賞は、海外赴任の際にも自信になっているのではないでしょうか。

川村
自信になっていると思います。

自分自身、結構前向きにもの捉えてやるタイプなので、しんどいことも辛いこともありますが、一生懸命になることで楽しみながらやることがモットーです。

JMA
マレーシア赴任もとても楽しみですね。

川村
そうですね。

最初はどんな生活になるのか不安はありますが、仕事面では不安よりも楽しみの方が大きいです。

JMA
そうした川村さんの人間味が、フェイストゥフェイスで、またハートトゥハートで、マレーシアの方々に伝わると本当にいいですね。

来嶋
現地では基本1人になりますから、1人になった時にどれだけまず平常心が保てるかだと思います。

日本にいると、いろんなバックアップ体制もあるし、上司もいろんなアドバイスはしてくれるのですけれど、現地にいるとそうはいかない。次回帰ってきた時はどうなっているのか、楽しみです。

JMA
現地の方々も、川村さんってどういう人なのだろうか、何ができるのだろうかと、最初は身構えているところがあるかもしれませんけれどね。

来嶋
現地はどんな人が来るのか期待してますからね。

〜6/7 page〜

第12回 第一線監督者の集い:福岡 事例集購入はこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る