プログラム

名  称 :
第14回 第一線監督者の集い:福岡
会  期 :
2018年11月15日(木)・2018年11月16日(金)
会  場 :
福岡国際会議場 多目的ホール(2階) >>交通案内
大会構成 :
(1)基調講演
(2)特別講演
(3)第一線監督者発表会
(4)優秀事例発表表彰式

2018年11月15日(木)10:00~17:00

10:10

11:10
基調講演
経営者からみたこれからの第一線監督者に求められる役割
オリンパス
専務執行役員
林 繁雄

11:15

11:35
1
モノ造り革新をベースに、現場の底力を結集
~目指せ!組立同期化ストレート生産~
マツダ
防府工場 第4PT製造部 第1変速機課 機械係 係長
中尾 真也

エンジニアから管理者になり悪戦苦闘する中で、管理者として考えや行動を変革し、オペレーターのモチベーションを高め『目指せ!組立同期化ストレート生産』を合言葉に、モノ造り革新をベースに各職場、サークルが目標に向け一丸となって活動した事例を報告します。

11:35

11:55
2
私を成長させてくださった3人の指導者
日立金属
安来工場 製鋼部 係長
島田 禎

今までの人生の中で私の人生(考え方・指導方法)を大きく変え成長させてくれた方々のとの出会いがありました。仕事で困難な状況では、現場の中に入って会話し、自ら試行錯誤をする、その姿を見せることが大切。「情熱」「作業の知識」「改善マインド」「絆」を私に叩き込んだ3人の指導者との出会いを紹介させていただきます。

11:55

12:15
3
AIに負けるな!今こそ人間臭く泥臭く新時代の監督者を目指して!
~世代を超え本音でぶつかりあった新米工長の奮闘日記~
日産自動車九州
製造部 車体課 工長
山下 崇

監督者として駆け出しの1年目、三世代(若手・中堅・ベテラン)をまとめる難しさに直面し、監督者とは何か?を自問自答する日々。ワクワクする職場をつくるために様々な人たちの声を聞きながら、職場環境の改善を通じてチームとして成長していく過程を紹介します。

13:45

14:05
4
製品移管を通しての人材育成
デンソー九州
第1製造部 広島工場 生産1課1係 係長
河村 貢

製品受け入れに伴い移管元(本社)での実習を通し、リーダーを育成し移管を成功させた活動と、移管後の増産対応の問題に対し関係部署を巻き込み問題解決した事例を紹介します。

14:05

14:25
5
みんなが活躍できるチームづくりを目指して
TOTOプラテクノ
製造部 係長
井本 香奈恵

職場改変の流れの中での、組長就任。
短い期間で担当職場もメンバーも変わり、都度チーム作りが必要でした。1日も早く信頼関係を築き、成果に繋げる為、過去に学んだ「キャアリアカウンセリング」の考え方を活用し皆の「やればできる」を醸成。一人一人が主役の職場作りを目指し、チームとして成長した過程をご紹介します。

14:25

14:45
6
目指せ職人、チームで挑んだ飽くなき戦い
~新たな技術の習得、職人となった熱き4人の挑戦~
ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング 鹿児島TEC
鹿児島生産部門 鹿児島第3製造部 組立測定1課 グループ長
久松 研二

修理費削減の為に冶具修理を自前化する事になった。
自前化をする為には高度な技術力習得が必要不可欠であり、何もないところからチームで環境構築、技術習得し自社展開まで導いた。

14:45

15:05
7
J1活動で職場に「感動」を取り戻したい!!
~若手の能力を伸ばし活力ある職場づくりを目指して~
JFEスチール
西日本製鉄所 溶接管部 溶接管工場 作業長
小川 真一

低迷状態であった職場のJ1(QC)活動に監督者として何ができるか悩んだ。
部署を超えた活動交流で刺激を与える、若手にテーマ活動リーダーを任せ成功体験を積ませて成長させるなど、様々な活性化の仕掛けを行った。
結果、社内外で表彰を受ける活動成果を出せ、職場に「感動」を取り戻すことができた。

2018年11月16日(金)10:00~17:00

10:10

10:30
1
新米作業長の奮闘記
~職場改善活動と24人の仲間たち~
ケイミュー
小田原工場 製造グループ 作業長
富田 剛

1991年から、私は20数年勤務した加工工程から製板工程に配置替えとなった。加工工程の事なら何でも知っているが、製板工程の事は、まったくの素人。仕事が分からない作業長の指示で、部下が動くのか?上司からの期待に応えられるか?不安と苦悩の3年間を乗り越え、職場改善活動を通じ、自身の成長と職場の一体化を実現した。

10:30

10:50
2
100年続く会社づくり
~彊い(つよい)職場づくり~
日立メタルプレシジョン
精鋳製造部 精鋳Gr 造型係 係長
日野 誠士

部下80人の管理に奮闘するも、増産体制の中、不良は止まらず、災害は多発、人は辞めていく。日々現場に出て、手を出し口を出し続けた結果、自分が災害を起こす羽目に。そんな時転機が ①海外工場見学で開眼 ②社内研修で方針が見え ③全社研修でやるべき事に覚悟が生まれた。まだまだ道半ばではあるが職場が変わりつつある。

10:50

11:10
3
小集団活動を通じた職場力の向上
~思いを一つに一体感のある職場を目指して~
トヨタ自動車九州
部品部 成形課 第9作業係 工長
篠原 晴久

職場環境の変化で余裕の無くなった製造現場。メンバーと納得いくまで会話し目指す姿と課題を共有、対策していく中で築いた信頼関係。一つの目標に向かい全員が一致団結して活動する事で大きなパワーが生まれ、改善力、職場力、チームワークが向上していく。メンバーと思いを一つにして取り組んだ活動事例を紹介します。

11:10

11:30
4
次世代リーダーを育成せよ!
~ゼロからの人財育成奮闘記~
キャタピラージャパン
明石事業所 製造部 部品工作課 工作係 減速機ライン フォアマン
田中 学

派遣社員時代を経て正社員となり、リーダー・アシスタントフォアマン(副作業長)・フォアマン(作業長)を歴任する傍ら、人財育成の重要性と難しさを日々痛感していた。また、「生産品目移管(受け入れ)」という大きな壁に直面し、戸惑いながらも日々奮闘する毎日を発表します。

13:20

13:40
5
鉄道発祥の地・英国へ、日本の匠の技術を伝承
~世界の舞台で戦え!グローバル化に向けた挑戦~
日立製作所
車両製造部 車両第二課 前工程係 上級監督者
高村 隆志

2012年、英国鉄道史上最大規模のプロジェクトが決まった。しかし当時の現場は、車両製作の核「電装作業」において、協力会社に相当の助力をもらわねばならぬ状況にあった。世界市場参入のため、いかにして組織を束ねながら「標準化」「内製化」「人財育成」を達成したか、意地とプライドを賭けた活動の軌跡を紹介します。

13:40

14:00
6
「工程者ファースト」を自分達で実現!
~想いを込めて作業環境改革を実行し幸せが感じられるチームを創り上げる~
本田技研工業 
熊本製作所 完成車工場 完成車組立モジュール ユニットリーダー
深町 浩平

「作業環境は与えられるもんだ」の考えから、現場は物事に対して不満だけを訴え自ら動く意志を持てない体質だった。生産設備を変更するにあたって、「与えて貰う」ではなく、現場提案から工程者ファーストを実現することで自ら動くと問題を減らす事が出来るという実感と達成感を持てるようになった取り組みを紹介します。

14:00

14:20
7
これからのモノづくりを担う若手改善マンの育成
~ベテラン層からの脱却~
ダイキン工業
空調生産本部 臨海製造部 リーダー
大高 勝

モノづくりを支える現場改善力がベテラン層に頼っており、改善スキルの高い世代の高齢化が進み、又デジタル技術、自働制御技術の活用が求められる中、若手層の底上げが急務となっています。若手層をどのように人材育成し一人前の改善マンに育てたかを紹介します。

15:30

16:30
特別講演
部下をやる気にさせるリーダー
Makoto Investments
執行役員 西日本事業 統括部長
曽利 修

CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る