第10回プログラム(2014年参考)

名  称 :
第10回記念大会 九州・ものづくり革新大会
会  期 :
2014年10月16日(木)~17日(金)
会  場 :
福岡国際会議場(福岡市博多区石城町)2階 多目的ホール >>交通案内

2014年10月16日(木)10:00~17:30

10:20
基調講演
マツダのブランド戦略とモノ造り革新について
マツダ株式会社 常務執行役員
グローバル生産・グローバル物流担当 技術本部長 菖蒲田 清孝

• マツダのブランド戦略
• SKYACTIV Technologyの概要
• マツダのモノ造り革新

激しいグローバル競争の中、スモールプレーヤーであるマツダがグループを挙げて取り組んでいるSKYACTIV技術と、それを支えるモノ造り革新への取り組みを紹介する。

11:35
1
改善活動の現場実践による人材育成
トヨタ自動車九州株式会社
車体部 プレス課 工長 川口 智晴

自動車の海外生産化の加速が懸念される中、国内でものづくりを存続させる為に更なるコスト低減を推進する主役は、改善をする人材です。従来の育成スタイルに現場実践も交え、人をいかにその気にさせるかに取り組んだ事例を紹介します。

11:55
2
J1活動=人材育成~明るく・楽しく・前向きに~
JFEスチール株式会社 西日本製鉄所 福山地区
条鋼部 形鋼工場 作業長 貝田 一行

部下とのコミュニケーションで、若手と年配者との考え方の壁があり人材育成も停滞していると感じた。J1活動(小集団改善活動)を通じて若手とベテランが協力することで、問題を解決するとともにチームワークが向上した事例を紹介します。

12:15
3
付加価値のある作業を追い求めて!~部品集荷班の限りなき挑戦~
株式会社デンソー九州
第一製造部 北九州1工場生産2課 班長 松井 智博

「付加価値のある仕事」にこだわりを持ち、SUB組み工程や組み付けロボットの導入などを推進してきました。変化点が多い中「今何をすべきか?」をメンバーと一緒に考え、課題をひとつひとつ解決する事で全員が成長してきた活動事例を紹介します。

14:15
4
国内製造部門の目標戦略(ありたい姿)の立案と実践!
~予測生産から補充生産への生産管理改革の取り組みについて~
TOTO株式会社 エレクトロニクス技術本部 電子機器製造部
電子機器製造課 生産管理係 係長 大和 拓真

魅力ある国内生産現場であり続ける為に、製造部門が実践すべき目標戦略を一丸となって立案。その戦略から、生産管理部門の革新実現に向け、悪戦苦闘しつつも、結果的に革新に導けた成功事例を紹介します。

14:35
5
QT(品質トレーニング)活動実践による品質保証改善活動
アイシン九州株式会社
品質管理部 検査・総括グループ GM 堀田 光輝

2013年度より「QT(品質トレーニング)活動」を実施し作業要領書の不備・技能員の力量UPにより人的保証度の向上を図り、お客様より信頼される品質改善活動を紹介します。

14:55
6
若手の育成で職場に芽生えた一体感と規律そして向上心
日産自動車九州株式会社
製造部 第二組立課 工長 釘村 勝志

社員のそれぞれの個性を活かし伸ばしていく育成により、個人の成長とその周囲に与える波及効果で、一体感と規律そして向上心により、職場グループ全体の成長を図っていく事例を紹介します。

15:15
7
自分達の仕事に誇りが持てる職場づくり
~困難な課題に挑戦し、最後までやり抜く人づくり~
ヤマハ発動機株式会社
浜松製造部推進課 正美保全浜北係 工長 寺田 浩二

「自分たちの仕事に誇りが持てる職場」「志の高い魅力ある人づくり」を目指し、従来の保全活動からの脱却と、保全マンの意識改革に挑戦。抜本的対策と設備診断の手法を考案すると共に、保全マンの育成に取り組んだ活動を紹介します。

2014年10月17日(金)9:30~16:30

9:35
8
”6S活動”を中心に「どこにも負けない!」生産ラインと「誰にも負けない!」人づくり
ダイキン工業株式会社
空調生産本部 堺製造部 製造第1課 組長 川口 拓也

コスト・リードタイムで勝つ為の取り組みを進めたが、生産ラインの基本はまず6S。そこで部門開催の「6Sオリンピックで金賞」という目標に一丸で取組み効率化改善に繋げた内容を紹介します。

9:55
9
インドでの現場改善活動
本田技研工業株式会社 熊本製作所
パワートレイン工場 エンジン組立モジュール 指導員 佐藤 智彦

日本と大きく異なるインドでの駐在業務。特に自分の意図や思いを、言葉や考え方の違う現地の方に納得させ、実行して貰う事に苦労しました。この経験の中から「現場」「現物」「現実」で対応した海外ならではのマネージメント事例を紹介します。

10:15
10
不具合続発!!品質破たんライン再生への道
【俺はオマエ達を許さん!このままじゃ、飯が食えんぞ!】
コベルコ建機株式会社
生産本部 五日市製造室 係長 井上 尋久

不具合、災害、ライン共有遅れ…負の3拍子が揃った破たん寸前ラインの再生を誓い、出向でやってきたおっさん新米係長!しかし、余りの現実の厳しさに自信喪失…。その後、いかにラインを立て直していったか。崖っぷちのおっさん奮闘記!を紹介します。

10:35
11
連続生産への挑戦!~R-100活動を通じた現場力の向上~
ヤマハ熊本プロダクツ株式会社
製造部 生産1課 22工区 工長 山下 英文

2010年に当社初の鉄物加工を開始。生産開始当初より故障、不良が多発。鉄物加工は未経験であったメンバーをまとめ、社内有数の改善活性職場へと深化していった事例を、私とメンバーの成長と併せて紹介します。

12:40
12
半導体設備における品質不良撲滅大作戦
~自分が私利私欲を捨てたとき、自分のチームが動き出した!~
ソニーセミコンダクタ株式会社 鹿児島TEC 鹿児島生産部門
鹿児島第1製造部 6G設備技術課 統括係長 今吉 豊

初めて結果が出ないという大きな壁にぶつかり、もがいた自分と、その自分に率いられたチームのメンバーが諦めずに活動し、最終的には目標を達成した品質改善への取り組み事例を紹介します。

13:00
13
不撓不屈!ところてん人生に万歳!
キャタピラージャパン株式会社 明石事業所
製造部 組立課 組立1係 メイン艤装ライン フォアマン 池本 哲也

「入社後、アスファルトフィニッシャー組立ラインに配属、徐々に生産量が低下、外部工場を間借りし移転、フォアマンとして奮闘するも事業が外注化。事業所に戻り艤装出荷ラインに所属、間もなく生産技術システムを学ぶ部門に異動、1年の期間を経て油圧ショベルのメイン組立ラインのフォアマンとして現在に至る」押し出され感のある「ところてん人生」を紹介致します。

15:15
14
薄肉軽量ミッションケースづくりへの挑戦
~自分発の良品条件整備活動~
マツダ株式会社 防府工場第4パワートレイン製造部
パワートレイン公務技術グループ マネージャー 松田 義博

お客様に「走る喜び」を体感頂けるトランスミッションに仕上げるため、アルミダイカスト製のミッションケースは従来比25%の軽量化を実施。現場サークルが互いに競争しながら改善し、良品100%のライン実現に向けて取り組んだ事例を紹介します。

15:30
特別講演
部下を勇気づけるリーダーの役割
有限会社ヒューマンギルド 代表取締役
岩井 俊憲

「どうしたら部下のやる気が高まるか?」をテーマに徹底的にリーダーの人間的側面に焦点を定めてお伝えします。聴いた人が確実に勇気づけられる講演です。

CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
ページトップへ戻る