第40回プログラム

新型コロナウイルス感染拡大により、会場発表からオンライン配信に
切り替わる場合がございます。
その場合は、ホームページ上のプログラム内で速やかに周知いたします。
また会場参加の場合は、ご発表の方の配信映像をご聴講いただきます。
ご了承ください。

第40回 第一線監督者の集い:名古屋 パンフレットダウンロード

3月16日(水) 発表企業(発表順)

※敬称略

9:30 主催挨拶、イントロダクション
9:35

1

Live配信

工場を止めるな!
~看護師から脱皮し、人と心を動かすリーダーに~

ダイキン工業

滋賀製作所 健康管理室
リーダー

村田 里世

「社員の健康は自分が守る」との強い決意で入社し10年、その活動は看護師の枠内に留まっていた。
今回、超短期間で挑んだ職域ワクチン接種。錯綜する情報に翻弄されながら、何から手を付けて良いか分からず、頭を悩ませる日々。周囲を巻き込み協力を仰ぎながら進める中、看護師の枠から一歩踏み出し成長した事例の紹介。

2

Live配信

若手と紡ぐ未来への道
~自立を促し、自律を目指した人作りへ~

ヤマハ発動機

生産本部 製造統括部 浜北製造部 生産課 第2工区
職長

足立 匡教

監督者で構成する「FC会」グループ活動から参戦。
後継者育成カリキュラムを階層別に作り上げていく中で若手育成に着手してきました。
今の世代の若手社員を分析し彼等が何を求めるのか、どうアプローチするか、考え方や感覚が異なる世代のギャップに苦戦しながらも真摯に向き合い成長を促してきた取り組みを紹介します。

3

Live配信

新天地でみんなが活躍できる 職場つくりを目指して
~バスケが成長させてくれた私と職場~

トヨタ紡織

大口岐阜工場 工務部
SX(職長)

市川 僚

職長拝命後に切磋琢磨できる職場環境つくりに励む中、社外出向にてメンバーの成長に繋がる自身のスキル向上のチャンスが!
帰任後に自分の考えるギャップにより悩む日々。幼い頃よりやっていたバスケに置き換えメンバーと共に成長した奮闘記。
10:35 質問票記入、休憩、質疑応答、昼食休憩
13:00

4

Live配信

保守的な職場風土の打破に向けた メンバーとの奮闘記
~勇気の第一歩が活動を成功に!~

豊田自動織機

エンジン事業部 鋳造部 PM室 鋳造保全課
工長

山崎 俊典

部下を持った経験のない私が、組長として保全課に異動することに。暫くして上司から、4S構築活動を推進してほしいと頼まれるが、それは過去に進めることが出来なかった難課題でした。活動を進めるにあたり「勇気の一歩」を踏み出すことができたことで、メンバーのやる気に火を付けた事例についてご紹介いたします。

5

Live配信

失望から希望へ! みんなでつかんだ未来への架橋
~浪花節だよ人生は!職場を変えた新米リーダー奮闘記~

ダイハツ工業

池京製造部 京都ボデー課
係長

赤石 崇

業務の効率化が求められ、時々刻々と変化する社会環境の中で柔軟に対応し、品質・生産性向上の活動によって成果を上げてきた。
しかしながら、国内需要の激減、海外へのシフト等国内生産の減少は、加速する一方で増加する見込みもない中、工場存続に向け人材育成をベースに新たなライン造りに挑戦してきた物語です。

6

Live配信

ユニバーサル視点で不具合を出せない ラインを作りたい!いや!創るんだ!

富士フイルムマニュファクチャリング

 鈴鹿事業所 第四製造部
製造グループ 製造2チーム  リーダー

高良エドアルド

『不具合を出さないラインのエース』を目指し、先輩達から改善活動や品質不具合の低減活動を学ぶ事で自身の技能を高めてきました。
その経験を基に、自分自身がリーディングして「国籍を問わず」ユニバーサルな感性を大切にして、働きやすい安全な職場環境つくりに取り組んでいる事例をご紹介します。
質問事項記入、休憩 & VTR講演、質疑応答、最優秀事例賞(大野耐一・杉山友男賞)投票、休憩
15:10

特別講演Ⅰ

Live配信

【第40回記念講演】ヤマハ発動機の監督者50年の歩みと次の50年へ

ヤマハ発動機株式会社

執行役員 生産技術本部長

村木 健一

※上席執行役員 生産本部長 松山智彦様より変更になりました。

16:10 【全体総括】
発表企業の重点課題テーマまとめ
日本能率協会コンサルティング
サプライチェーン革新センター センター長
茂木 龍哉
16:25 最優秀事例賞(大野耐一・杉山友男賞)の発表・表彰

3月17日(木) 発表企業(発表順)

※敬称略

9:30 主催挨拶、イントロダクション
9:35

1

Live配信

人材育成へのマインドチェンジ! 
~仕事は楽しく、皆が助け合う職場を目指して!!~

日本ガイシ

エレクトロニクス事業本部 金属事業部 製造部 素材グループ 素材係
作業長

石田 真也

入社以来「仕事は楽しく!」が自分のモットー。
元々ポジティブな面は持っているが、仕事が出来ない・効率が悪い作業をしているメンバーなら、年長者であろうが叱っていた。しかし、作業長になってわかった「助け合う事の大切さ」「人材育成の難しさ」・・・。「仕事は楽しく!皆が助け合う職場を目指して!!」現在も奮闘中の事例を紹介させて頂きます。

2

Live配信

こりゃいかん!チームの意識を立て直せ 
~管理体制の強化と作業者意識改革~

大同特殊鋼

星崎工場線材室線材加工係
工長

濱﨑 聖広

鋼材二次加工部門において受注増に対応し、各設備フル生産を行ってきた。
しかし、フル生産の中、品質リスクが発生してしまいその原因が新たに設置した設備であった。
それらの失敗を糧に、全設備対象で管理体制の強化と作業者意識改革を行った活動の紹介です。

3

Live配信

女性の働きやすい職場に私が変える!!
~女性リーダーの想いを現場に反映~

アイシン

パワートレインカンパニー 岡崎工場 第1加工製造室 S・X・BV/B加工課第1係
リーダー

松山 純子

男性ばかりが従事してきた重要な作業を女性にも任せられる事に・・・。
しかし、そこは、男性から見たら当たり前の作業でも、女性から見たら”3K作業(きつい・汚い・危険)”。この意識や感性のズレに男性に気付いて貰い、ズレの改善に全員で取組む事に拘り『女性社員に優しい職場造り』に挑戦した事例を紹介します。
10:35 質問票記入、休憩、質疑応答、昼食休憩
13:00

4

Live配信

テーマパーク体制で職場を笑顔に!
~メンバーと向き合い、明るく楽しく安心して働ける職場づくり~

オリンパスメディカルシステムズ

日の出工場 製造グループ2チーム
チームリーダー

鈴木重徳

製品移管で規模が縮小した工程を集めたチームのリーダーに就任。仕事が減り不安や停滞感が溢れる状況から、「話を聴く」をモットーにメンバーと誠実に向き合い共感し、新たな目標に向け明るい気持ちに変えていく。
テーマパークのキャストのようにメンバーが笑顔で働ける職場にするため取組んできた事例を紹介します。

5

Live配信

誠意傾聴。基本深耕。愚直実行
~仲間の信頼を得て不可能を可能にする、それが九鬼流~

ヤマハミュージックマニュファクチュアリング

ピアノ生産部 部品生産グループ 7班
職長

九鬼 秀吾 【 オンラインライブ発表】

根っから不器用な私が、なぜ無謀ともいえる高い目標を達成できたのか?最初は愚直に自ら行動し手本を示した。しかし仲間はついてこなかった。どうしたらいい?誠意をもって仲間の声に耳を傾け、意見を取り入れ、結果が出るまで挑戦し続けた。
一つの成功体験が次の意欲に繋がった。気づけば、仲間との強い絆ができていた。

6

Live配信

改善と連想談義の習慣化
~職場活性化を目指し、監督者の拘り活動~

トヨタ自動車

車体生技部 プレス工程整備課
課長

大村 好広

自らの成長の礎となった改善活動。監督者となる過程でも大切に取り組んできましたが、業務拡大時に仕事の成果ばかりを重んじた結果、改善を通じた学びや成長は影を潜め停滞。大いに反省した監督者が『改善』と『連想談義』の習慣化に拘り、日々の改善とQC活動にフォーカスを当て、人財育成と職場活性化に取り組んだ事例を紹介。

7

Live配信

人の判断に依存した工程からの脱却 
~やるべき事はいつもひとつ!~

岩手村田製作所

久慈製造課 製造係
リーダー

明内 永世 【 オンラインライブ発表】

同時多発的に届く多くの設備トラブル通知や作業指示の組み合わせから、優先度の高い作業を人が迷いながら判断し選びながら作業している”人の判断に依存した工程”。
そんな工程から、設備情報と標準作業の融合による判断のシステム化で脱却を図り改善へ繋げた事例を紹介します。
14:20 質問事項記入、休憩 & VTR講演、質疑応答、最優秀事例賞(大野耐一・杉山友男賞)投票、休憩
15:40

特別講演

Live配信

【第40回記念講演】トヨタ生産方式の原点と第一線監督者の役割

トヨタ自動車株式会社

TPS本部 本部長

尾上 恭吾

16:40 【全体総括】
発表企業の重点課題テーマまとめ
日本能率協会コンサルティング
サプライチェーン革新センター センター長
茂木 龍哉
16:55 最優秀事例賞(大野耐一・杉山友男賞)の発表・表彰
名  称 :
第40回 第一線監督者の集い:名古屋
会  期 :
2022年3月16日(水)・17日(木)
会  場 :
シャインズ (愛知県 刈谷市) >>交通案内

オンライン聴講も可能です

*当日だけのライブ配信です。アーカイブで見ることはできません。

参加料 :

会場参加

  参 加 料(税込)
一般社団法人日本能率協会会員 1日 27,500円/名
2日間 50,600円/名
上記会員外 1日 30,800円/名
2日間 57,200円/名

オンライン参加

  参 加 料(税込)
一般社団法人日本能率協会会員 1日 82,500円/ID
2日間 151,800円/ID
上記会員外 1日 92,400円/ID
2日間 171,600円/ID

※1 IDで複数人で視聴可能 ※同IDで複数端末で同時ログイン不可
※1 IDにつき、最優秀事例賞1票(申込者に投票用WEBサイトを案内)

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりコラム ものづくりのためのJMAオンラインセミナー GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション
ページトップへ戻る